小さな島の小さな教会

教え 教え

信仰となりたち

幕末の大和
神の啓示を受け

江戸時代末期の天保9年(1838年)、教祖・中山みきが神の啓示(おつげ)を受け、その教えを人々に伝えたのが天理教の始まりです。私たちは、教祖・中山みきのことを「教祖(おやさま)」と呼び慕い、あらゆる人々の救済に、自ら身をもってお働きになった教祖の生き方をお手本としています。こうした人間本来の生き方を伝え広めることによって、すべての人々が心を澄まし、たすけ合って仲良く暮らす「陽気ぐらし」世界の実現を目指しています。

※天理教ホームページより引用
 教えについての詳しい内容は
 天理教ホームページ
 を御覧ください。

沿革 沿革

篠島への伝道

入信から
教会設立まで

 篠島への伝道は、小久保兵三郎により始まる。明治24年3月はじめ、辻元吉の妻、たかの義兄にあたる小久保兵三郎(静岡県加茂郡下田町在住)より法事通知があったが、たかは四男の元治郎の出産後、病床にあった。欠席通知したところ、小久保兵三郎は直ちに船を漕いで来島し、「近頃、下田では天理さんがはやり、どんな病気でもたすかるから、お前らも信仰したらどうだ」と勧めた。
 小久保兵三郎は、天理教山名分教会(現:山名大教会)部属下田出張所(現:下田分教会)から入信し、世話係をしていた。その後、下田出張所の計らいで、名古屋出張事務所(後の天理教愛知支教会)に赴任している山名分教会役員の鈴木作蔵が来島して、辻元吉宅を拠点に島内各地にて布教を始めた。この年の4月、愛知支教会(現:愛知大教会)が設置され
るにあたり、山名分教会より諸井松太郎が来島して、今後は愛知支教会の所属として信仰することが決められ、講社加入名簿が作られた。さっそく篠島に出張事務所設置との話し合いから、篠島村138番戸の折戸菊三郎宅に置くことを決め、10月に内海分署に集合届を提出し、毎夜に練り合い、「てをどり」の稽古に励んだ。そして直ちに教会設置との気運となったが、天理教撲滅演説事件をきっかけに、出願は中止となった。この事件後、主な人々は「おさづけの理」を戴き、各地に布教した。
 そして明治30年初め、「名称の理」を戴くようにとの声をいただいて、再び教会設置の話し合いを重ね、明治30年10月2日、念願の教会設置を篠島村138番戸に折戸菊三郎を担任として、お許し戴いた。
会長 会長

篠島の道の先駆者たち

歴代会長紹介

初代会長
折戸 菊三郎
会長在籍期間
明治30年10月2日~大正8年4月23日
二代会長
中村 関次郎
会長在籍期間
大正10年1月29日~昭和16年2月25日
三代会長
中村 元重
会長在籍期間
昭和16年2月25日~昭和42年1月12日
四代会長
中村 ふみ
会長在籍期間
昭和42年5月26日~昭和47年10月26日
五代会長
中村 道明
会長在籍期間
昭和47年10月26日~平成19年4月26日
年表 年表

あゆみ

篠島分教会
126年のあゆみ

明治24年3月
1891
小久保兵三郎により
伊豆の下田から伝道される

おもな入信者

折戸菊三郎 辻  元吉

吉戸 良蔵 中村 関造

明治24年11月
1891
講社結成
篠島村138番戸
講長
折戸 菊三郎
明治30年10月2日
1897
篠島布教所設置
篠島村138番戸
初代会長
折戸 菊三郎
明治42年3月13日
1909
篠島宣教所に改称
大正7年1月4日
1918
移転
篠島村102番地
大正10年1月29日
1921
二代会長
中村 関次郎
昭和5年4月1日
1930
移転
篠島村字53番地の10
昭和7年1月5日
1932
御分霊下附移転奉告祭

昭和7年10月
東海布教所開設
竹内 元治郎
昭和15年4月
1940
南知多布教所開設
中村 広三郎


愛三代布教所開設
辻   志つ
昭和16年2月25日
1941
三代会長
中村 元重
昭和25年8月30日
1950
神大江布教所開設
辻  元一
昭和36年4月26日
1961
愛美代分教会設立
初代会長
辻 元三郎
昭和42年5月26日
1967
四代会長
中村 ふみ
昭和45年8月26日
1970
愛美代分教会
大教会直属に変更
昭和49年7月7日
1974
集中豪雨により
教職舎埋没
昭和49年10月26日
1974
五代会長
中村 道明
昭和53年11月5日
1978
現神殿落成奉告祭
平成3年10月26日
1991
関栄布教所開設 中村 久夫

一栄布教所開設 中村 一行

学栄布教所開設 吉戸  学

義栄布教所開設 岡田 久義
平成9年5月26日
1997
神殿増築願

10月5日
創立百周年記念祭
平成19年4月26日
2007
六代会長
中村 道治


5月5日
創立百十周年記念祭
六代会長就任奉告祭
平成20年5月5日
2008
しのじま会報発行を開始
平成27年5月5日
2015
教会のホームページを
開設
平成29年8月5日
2017
神殿東側・北側の
外壁張り替え
平成29年11月5日
2017
創立百二十周年記念祭
平成31年2月23日
2019
治栄布教所開設
中村 善治
挨拶 挨拶

ごあいさつ

六代会長挨拶

六代会長
中村 道治
会長在籍期間
平成19年4月26日~

教会所在地

〒470-3505
愛知県知多郡南知多町大字
篠島字堂山53番地10

TEL・FAX 0569-67-2196

 通信技術の発展はめまぐるしく、今や誰もがオンラインでつながる時代となっております。
 当ホームページは、篠島の名称の理につながる信者の皆様はもちろんのこと、篠島や近郊の地域に住む方々へ向けても、天理教の教えや信仰、教会に関する情報を提供する目的として開設しました。信者の皆様には毎月、会報を配布させていただいておりますが、会報と並行して利用していただけたらありがたいと思います。とくに教会に足を運ぶことが難しい信者の皆様には教会の動きを知っていただきたいと思っております。どうかお気軽に閲覧してください。
 なおスマートフォンおよびタブレットなどのメディアにおいても閲覧いただくことができます。こちらも同様にご利用ください。
祭典 祭典

ごあんない

祭典日および
各種案内

祭典日

春季大祭
1月 5日 10時00分

秋季大祭
10月5日 10時00分

元旦祭
1月 1日  7時00分

月次祭
毎月 5日 10時00分

春季霊祭
3月18日  例会終了後

秋季霊祭
9月18日  例会終了後

青年会 婦人会 例会
毎月18日 10時00分


おつとめ

朝  6時30分
夕 17時00分

会報 会報
アクセス アクセス
教会へのアクセスには、名鉄海上観光船に乗船する必要があります。高速船で師崎港から約10分、河和港から約25分かかります。フェリーでは師崎港から約15分かかります。詳細は名鉄海上観光船をご覧ください。
 なお篠島港から教会までは、徒歩約20分、島内タクシーでは約5分かかります。ぜひお立ち寄りください。